まがたま研究会

勾玉の歴史からお土産物まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きりぎりすの勾玉彫りNo6

magatama6s.jpg

magatama6-1s.jpg


この段階でNo5の形から削ること14時間です。
工具はNo5と同じグラインダーだけ。
まだまだこれからシェイプさせていきます。
先は長いぞ~(^_^;)

きりぎりすの勾玉彫りNo5

magatama5s.jpg

magatama5-1s.jpg

少しずつ形になってきましたよ!
まだ、角はついたままですがf^_^;
ここまで、約10時間。

magatama5-2s.jpg

使った工具は、ティアドロップ型のヘッドと棒状のものをグラインダーにつけました。

きりぎりすの勾玉彫りNo4

magatama4-2s.jpg
一番大切な穴開けです。2時間半ぐらいかかりました。
最後にやって、失敗したら元も子もないので、だいたいの形が見えたら、良い場所に開けましょう!!
プロは両面から開けるそうですが、途中で出会わなかったら怖いので、片面から貫通させました。
この方法だと、最後の段階で石が割れることがあるそうです。
が、今のところ(4個作った段階)私は割ったことはありません(^^)v

magatama4s.jpg
工具はグラインダーに、先がティアドロップ型のダイヤビットをつけています。

きりぎりすの勾玉彫りNo3

magatama3-2s.jpg

面取り、ここまで5時間かかっています。
かなりの騒音!!
歯医者嫌いの人には絶対無理(>_<)

magatama3s.jpg

これが工具になります。
ハンドピースグラインダーにダイヤモンドつき円盤形の刃をつけています。


きりぎりすの勾玉彫りNo2

magatama2s.jpg

最初に鉛筆で勾玉の形を描きま~す。
なるべくロスが出ないように、それと、出来上がりの形をイメージするのが大切です。
カットされた石の厚みなどもちゃんとチェックしましょう♪

勾玉の形って、本当に個人差が出るので面白いよ~!

きりぎりすの勾玉彫りNo1

magatama1s.jpg

おまたせしました!
まが研会員「きりぎりす」のまがたま造りです。
まず、材料はミャンマー産翡翠
サイズは33mm×50mm×11mm
これから頑張るぞ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。