まがたま研究会

勾玉の歴史からお土産物まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楯原神社

2005年10月16日、記念すべき初めてのまがたま研究会フィールドワークで、大阪市平野区喜連にある楯原神社へ行きました。
今までに何度かお話に出てきた十種神宝(トクサノカンダカラ)が実は、その楯原神社にあるという情報をキャッチしたからです!
tate.jpg

社横の立て札書きに拠りますと・・・
永禄年間(1558年~)足利義昭が征夷大将軍となったが、当時実権は織田信長に握られていた。義昭は法隆寺、石上神宮、大徳寺、根東寺などに呼びかけ、反信長勢力をつくろうとしたが、信長はそれに対し、神社やお寺を潰した。石上神宮も焼打ちにあう。このとき、十種神宝は持ち去られたが、保護されており、それを知った豊臣秀吉が生魂の森深くに納めた。
その後、倒幕直前の混乱のとき、暴徒に襲われ、十種神宝は再び持ち去られた。
しかし、その後小林某と言う人が、町の古道具屋に売ってあるのを見つけ、これを買い楯原神社におさめた。
また、石上神宮の守護職を歴代勤めている庄司氏が返還を求めてきたが返さず、現在に至っているとのこと。

楯原神社の宮司さんに、「この中に十種神宝が祭ってあるのですか?」と問いかけたところ「十種神宝は物ではなく神であり、形のないものなのです…。」との答えがありました。
形のないもの…?
では・・・古道具屋さんに並んでいたのは何???

私はそのお社の横にある黒い石(写真下)がとても気になりました。
いわれを聞くといわれも名前も何もない石の神さんです…との答え。
どれほど多くの人が触れたのでしょうか?ツルツル、ピカピカでした。この石に触れる人は何を思いこの石に触れるのでしょうか?
それがとても気になりました。    naoki
tate1.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magatamaken.blog7.fc2.com/tb.php/49-acfec3f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。