まがたま研究会

勾玉の歴史からお土産物まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石上の玉の緒1

    amanowo1s.jpg

ちょっと見えにくいのですが、画像をクリックして見て下さい。
石上(いそのがみ)神宮の社務所で売っている、お守りです。
最後に張り付けた写真のような紙に包まれ、花押と朱印の神代文字(カラス文字?)が刷り込まれたものと一緒に入っています。
結構複雑に折ってあって、色んな呪術が施してあるようです。
紙を折ると言う行為も呪術。もちろん花押も、神代文字も・・・。
そして、ちっちゃな勾玉を植物の繊維を乾かしたような紐で結んで入ってる。もしかして麻なのかなぁ・・・。これも全て呪術!!
人に聞いた話では、この勾玉も5色在るらしい。
写真のものは瑪瑙のようです。前に頂いたときは水晶でした。

石上神宮で、新嘗祭の前日に行われる御霊振りの祭。
玉によって天皇の御霊を増やす儀式。
ひぃふぅみぃ・・・と数を数え、ふるべゆらゆらとふるべ。
いかにもそれらし~い(>_<)ギャー
neko
        tamanowo2s.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magatamaken.blog7.fc2.com/tb.php/4-6950fbfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。