まがたま研究会

勾玉の歴史からお土産物まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きりぎりすの勾玉彫りNo9

magatama9s.jpg

magatama9-1s.jpg

No8から27時間磨いて、やっと此処までです。
使った道具は、金属のヤスリと、400番と1000番の紙ヤスリ。
でも、なかなか凸凹が取れないので、只今再度一度削りなおしています。
見た目のラインが美しくなっても、指で触ると判ってしまうんですよね~(;-_-X;)
手の感覚・・・侮れません(/_;)
美しく曲がり、濡れたような艶が出るまで、まだまだ先が長~~い!
でも、前に造った出雲石のものより、さすがに翡翠は艶が出やすいみたいです。
出来上がりに、乞うご期待(⌒ー⌒) ニヤリ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magatamaken.blog7.fc2.com/tb.php/30-48bf779b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。