まがたま研究会

勾玉の歴史からお土産物まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きりぎりすの勾玉彫りNo4

magatama4-2s.jpg
一番大切な穴開けです。2時間半ぐらいかかりました。
最後にやって、失敗したら元も子もないので、だいたいの形が見えたら、良い場所に開けましょう!!
プロは両面から開けるそうですが、途中で出会わなかったら怖いので、片面から貫通させました。
この方法だと、最後の段階で石が割れることがあるそうです。
が、今のところ(4個作った段階)私は割ったことはありません(^^)v

magatama4s.jpg
工具はグラインダーに、先がティアドロップ型のダイヤビットをつけています。
スポンサーサイト

コメント

小遣いはたいて東急ハンズで買いました(^^;ゞポリポリ
店員のオジサンが、右回りと左回りの違いを教えてくれてたんだよ!
手前に回ると削りかすが全部自分にかかるとかって・・・(-_-;)
で、結局どっちらにも回転するのに決定♪
穴開け、磨く前なのでつるつるはしないけど堅い!
本当に少しづつしか掘り進めない(/_;)

  • 2005/05/23(月) 10:19:07 |
  • URL |
  • きりぎりす #N6kQQZeY
  • [ 編集 ]

きりぎりすさん、手先器用っすね~(^o^)

う~ん。穴あけに2時間半ですか!?
小さいのでつるつる滑ったりして大変そうですね。

いつもどうやって彫ってるんだろうと思ってましたが、
工具が本格的でびっくりしました。

  • 2005/05/23(月) 01:04:11 |
  • URL |
  • なごみ~る♪かめ子 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magatamaken.blog7.fc2.com/tb.php/20-61bfba0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。