まがたま研究会

勾玉の歴史からお土産物まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水晶の渦

左巻き水晶

左巻きの水晶


右巻き水晶

右巻き水晶

この画像は、偏光板を通して見た水晶です。

前々から、「水晶って右巻きと左巻きがあるんだよ~」とまが研会長が言ってた。

「でも、渦って・・・上から見たら右巻きでも、下からみたら左巻きでしょ~。それはおかしいよ!!」と言って相手にしてなかった(‥ゞ

「それがどっちから見ても一緒なんだ。それで、天然水晶なら右巻きも左巻きもあるけど、人工水晶を作るときには右巻きで作るんだ」って。

それでも「眉唾な話ですね~」と・・・。

そこで、会長は簡単な装置を購入して、実際に見せてくれた!!

それが今日の画像です。

最初の疑問・・・上から見て右回りだったら、下から見たら左回りのはず・・・。

それが・・・どっちから見ても一緒だった!!
その簡単な装置にサンプルで付いてた水晶を何度ひっくり返して見ても、右巻きは右巻き、左巻きは左巻きにしか見えない(@_@)

お店にあった丸玉を覗いてみてもやっぱり同じ・・・。

水晶のどの部分を覗いても見えるのではなく、ある一点の上下だけに渦が見える場所がある。

「もしかして此処が水晶の始まりの位置?」

と言うことは、人工水晶を作るときにも、最初の一点があって、そこから作り始めるんだろうか・・・(-_-;)

でも・・・想像できない(>_<)

ちなみにガラスを覗いてみても渦は無い。


それで、その渦をよく観察してみると・・・
勾玉の頭と頭をくっつけた形で始まっている!!
(中心から出来始めたと考えた場合だけどね~)

「うわ~!!水晶って、内側にすでに勾玉を持ってるんだ~!!!」

古代の人って、この渦の存在を知ってたんだろうか?

そう言えば、ストーンヒーリングをする方は、右巻き水晶と左巻き水晶を使い分けるとか・・・。

きっと、エネルギーに敏感な人は、右巻きと左巻きの違いをエネルギーの質で感じ取ってるんだろうね( '_';)

とにかく、何がなんだかは判らないけど、確かに右巻きと左巻きは存在しています。

そして、上から見ても下からみても同じ方向に巻く渦というのも存在しているようです(?_?)←(見ても信じられないnekoです)

                  neko
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。