まがたま研究会

勾玉の歴史からお土産物まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古事記の中の勾玉その4

    oheamanoiwatos.jpg
<写真は大江町の天岩戸神社>

「天の岩屋戸」
天照との誓約で勝ったスサノオのその後です。
「その3」でも少し書いたのですが、勝って有頂天になったスサノオが、高天の原で色んな乱暴狼藉を働いたわけです。
まぁ、最初は大目に見たり、庇っていたりしたアマテラスも、死人が出た段階で「も~!堪忍袋の緒が切れた!」と言う状態(^,^;)
古事記によると、「天照大御神、忌服屋(いみはたや)に坐(ま)して、神御衣(かむみそ)織らしたまひし時、その服屋の頂(むね)を穿ち、天の斑馬(ふちごま)を逆剥ぎに剥ぎて堕(おと)し入るる時に、天の服織女(はたおりめ)見驚きて、ひ(機の横糸を通す道具)に陰上(ほと)を衝きて死にき。」と書いてあります。
この死んだのが、機織りを手伝っていた他の女性なのか、天照自身だったのかが判断の分かれるところ!
まず、天照大神であるならば最後の「死にき」と言う言葉は使わない。
でも、その後天照は、神話の中で一番有名な「岩戸ごもり」をしちゃう訳です。
だいたいの学者は、天照自身が亡くなったと判断するようですが、そうなると、岩屋戸開きで復活するというのが、変な話になってしまうので、服織女が死んだという風に書いたのでしょう。
まず、天照大神と言うのは太陽神なので、その太陽が岩屋戸に隠れたことによって、世界が真っ暗になると書いてあります。
「ここに高天の原皆暗く、葦原中国(あしはらのなかつくに)悉に闇(くら)し。これによりて常夜往きき。ここに萬の神の声は、さ蠅なす満ち、萬の妖(わざわい)悉に發りき。」
ずっと夜になってしまったために、沢山の悪い神が出てきて、災いが起こったと言うことですね。
そこで、八百萬の神達が、天の安河原に集まって、いかに太陽である天照に岩屋戸から出て貰うかの会議をしたわけです。
その時の会議の議長のような人が「思金神(おもいかねのかみ)」・・・(知恵袋のような神様です)。
思金神の提案
① 常世の長鳴鳥を集めて鳴かす。(鶏を鳴かせて、朝が来たと勘違いさせて、太陽にお出ましいただこうという作戦ですね)
② 川上にある堅い石を取り、金山の鐵(まがね)を取る。(堅い石は土台にするためのもの。まがねは多分銅の原石)
③ 鍛人 天津麻羅(かぬち あまつまら)を探して連れてくる。(だいたい鍛冶師と言う職業軍団は定住していないので、まず探すことから始めるわけですf^_^;)
④ 伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)に、鏡を作らせる。(鍛冶師が銅の精錬を行い、この伊斯許理度売命が型をおこしたのでしょうか?)
⑤ 玉祖命(たまのやのみこと)に、八尺の勾玉の五百箇の御統の珠を作らせる。(玉祖と言うからには玉造部の先祖ですね!)
⑥ 天児屋命(あめのこやねのみこと)と布刀玉命(ふとだまのみこと)に、鹿の肩の骨で占わせて、沢山の枝のある榊の上の枝に八尺の勾玉の五百箇の御統の珠を掛け、中程の枝に、八尺鏡を掛け、下の方の枝に木綿と麻の布を掛けた。
⑦ この榊を布刀玉命に持たせ、天児屋命が太詔戸言(ふとのりとごと)をのる。
⑧ 力持ちの天手力男神(あまのたぢからおのかみ)を、岩戸の横に忍ばせる。
⑨ 天宇受売命(あめのうずめのみこと)を、岩戸の前に桶を伏せたものの上で踊らせる。(この踊りが結構エロティックなもので、原文では「天の香具山の天の日影を手次(たすき)に繋(か)け、天の眞拆(まさき)を鬘(かづら)として、天の香山の小竹葉を手草に結いて、天の岩屋戸に槽伏せてふみ轟こし、神懸かりして、胸乳をかき出で裳緒を陰に押し垂れき。」となっています。

だいたいこんな作戦を立てたわけです。それで、⑧番の天宇受売命のストリップ(?)を見て、神様達がドッと湧いたわけですね。
それを岩屋戸の中で天照が聞いて「何してんねやろ?私が居なくてみんな困っているはずやのに」と岩戸を細めに開いて覗いたわけですね。
その岩の透き間から言うわけです。「何してるの?私が居らん様になって、真っ暗になってるはずやのに、ウズメちゃんは遊んでるし神さん達も笑ろうてるって!!」と大阪弁だったかどうかは判らない(..;)””> ポリポリ
ちなみに「天宇受売命は楽(あそび)をし・・・」と書かれていますが、本来「あそび」と言うものは神を楽しませると言う意味を持つものなので、今で言う「遊び」とはちょっと意味が違います。でも、遊ぶことを真剣に楽しむと、本来の意味の神を喜ばせ楽しませると言うことに繋がるのかも知れませんね(^^)v
そこで天宇受売命が答えて言うのに「あなたより尊い神様が来られたので、みんなで喜んでいるのです!」と・・・。
その後、天児屋命と布刀玉命がすかさず天照の目の前に鏡を差し出した。
そう、天照は日の神。鏡で自分の光が反射され、外が明るいと思ってしまったわけです。
そこで「これはますます変だ!」と思われて、もう少し岩戸を開けて身を乗り出して外を見たわけです。そこをすかさず、戸の横に隠れてスタンバイしていた力持ちの天手力男神が、天照の手を掴んで引っぱり出し、布刀玉命がその後ろに注連縄を張って「もうここから内に戻らないで下さい」とお願いした。
お願いしただけだと、無理だったのかも知れないですけど、神様って注連縄があるとそれを越えられないって言う性質があるみたいです。
だから、神社の注連縄も、もしかしたら本殿に鎮まって居られる神様が外に出て来れないように張ってあるのかも・・・。
まぁ、それは良いとして、とにかくそう言う策略で天照大神は復活を果たしたのです。
その後、その八百萬の神様達が、その騒動の元になったスサノオ命を裁判に掛け、罰金として沢山の台の上に置く供え物を出させ、胸まであった髭を切り、手足の爪を抜いて、高天原を追放したと言う顛末です。

この章で出てきたまがたまは、天照を引っぱり出すときに作った榊の上の枝に掛けた八尺の勾玉の五百箇の御統の珠。現在天皇家の三種の神器の中に入っていると言われている「八尺の勾玉」がこれではないかと言われているのですが、諸説あってこれも定かではありません。
とにかく、玉祖命と言う神様が居られ、玉を作る一族もしくは職業集団が居たと言うことは確かなようです。

う~ん、我が愛しのスサノオ様が、ここまでの話ではあまりにも酷い書かれ方
(/_;。) ウッウッウッ
でも・・・スサノオ様の名誉挽回の章にはまがたまが出てこない(。>_<。) えーん

そのうち筆者の趣味で「古事記スサノオ様の活躍・・・まがたま無いけど」で、ご紹介します(^^)v
neko
スポンサーサイト

古事記の中の勾玉その3

SAVE0010s.jpg

写真は丹後天橋立の真名井神社です。

さてさて、天の安の河の誓約(うけい)です(*^_^*)
ここでは大切なことが学べま~す♪
前回マザコンシスコンのスサノオと、アマテラスが占いの為に子供を生むと言うところまでは書かせていただきましたよね。
で、ここでその子生みによる占い~♪

まず、天照大御神。
建速須佐之男命の持ち物「十拳劔」(とつかのつるぎ)を貰って、3つに折って、「ぬなとももゆら」に天の真名井で振り濯ぎて、噛みに噛みて、吹き棄つ気吹のさ霧に成れる・・・と言うから、ぬなとももゆらが呪文だったのか、「ぬ」とは玉の意味なので、玉を音をさせながら揺り動かすようなと言った感じなのか、とにかくそんな感じで3つに折った劔を水で濯いで、カリカリと噛んで、ふぅ~っと吹き出したと言う感じだと思います。
それで生まれた神が「多記理毘売命」(たきりひめのみこと)またの名を「奥津島比売命」(おきつしまひめのみこと)
次に生まれたのが「市寸島比売命」(いちきしまひめのみこと)またの名を「狭依毘売命」(さよりびめのみこと)
最後に「多岐都比売命」(たきつひめのみこと)
この3女神。

天照大御神の後には、建速須佐之男命も子生み♪
アマテラスの左のみずらに巻いてあった八尺の勾玉の五百筒の御統の珠(イホツノミスマルノタマ)を貰って、「ぬなとももゆら」に天の真名井で振り濯ぎて、噛みに噛みて、吹き棄つ気吹のさ霧に成れる神の御名は「正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命」(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)
右のみずらに巻いてあった珠飾りから生まれたのは「天之菩卑能命」(あめのほひのみこと)
髷に巻き付けていた珠飾りからは「天津日子根命」(あまつひこねのみこと)
左の手に巻いていた珠飾りからは「活津日子根命」(いくつひこねのみこと)
右の手に巻いていた珠飾りからは「熊野久須毘命」(くまのくすびのみこと)
合わせて5柱の男神。

ここで、天照大御神の生んだ子供が女ばかりなのにたいして、スサノオは男を生んで大喜びしているわけです。
ムカッって感じで、お姉さまは色々考えたのでしょうね(^,^;)
その結果「私の生んだ子供は、あなたの物から生まれたから、あなたの子供だ」と言ったわけです。
建速須佐之男命は、自分が最初に生んだ子供が男神だったから喜び勇んで「私は勝った!」と言う意味を込めて正勝吾勝勝速日・・・なんて名前を付けたわけですよねぇ(^^;ゞポリポリ
自分は勝ったと思っているのにそんなアマテラスの言葉、納得するはずがありません!!
それでスサノオは、一計を案じ、「こんな弱々しい女神を生むような私に、悪い心が在るはずが無いじゃないですか!」と切り返したわけです。
先にアマテラスが誤魔化しているだけに、それ以上どうしようもなくなっちゃったんでしょうね。
それで結局アマテラスは負けを認める羽目になってしまったわけです。

ここで教訓!
賭けをするときには、どうなったら勝ちなのか、ちゃんと初めに決めましょう♪
結果を見てから勝ち負けを決めるなんて・・・必ず後でもめますから(..;)””>

この後アマテラスを言い負かして勝ち誇ったスサノオは、高天原にて、数々の狼藉を働いたわけです。
でも、ちょっと違う角度から見たら、農耕民族のアマテラスとそうでない民族だったスサノオの行き違いだったのかも・・・。
なぜなら、ほとんどが農耕に関する罪。それを知ってて、アマテラスはこの乱暴者と言われているスサノオを庇っている記述もあります。
ただ、神殿に糞尿をまき散らしたって言うのは・・・多分何かの嫌がらせだったのでしょうが・・・(^^;ゞポリポリ

ここで出てきた「八尺(ヤサカ)の勾玉の五百筒(イホツ)の御統(ミスマル)の珠」。
八尺って多分大きいって言う意味だと思うんだよね。それと五百筒って・・・もしかして沢山の筒玉つまり管玉を繋いだものかも。
御統って言うからには統治者の持ち物。
勾玉と菅玉を繋いだものを頭に3カ所と両腕に巻き付けていたわけだよね。
勾玉がまがごとのまが。要するに神道においての悪がまがごと。そして繋いだ沢山の菅玉が正しいという意味の直日を顕わしているのなら、陰陽を揃えていたと言うことではないでしょうか?
だからこそ、武器などと一緒に身を守るために使われ、それから神を生むと言う考えが出てきたのかも知れませんね。
neko

古事記の中の勾玉その2

awajiizanagis.jpg

<写真は淡路島一宮イザナギ神宮>

古事記の三貴神の分治の後、速須佐之男の涕泣。
イザナギ命に速須佐之男命は海原を治めよと言われたにもかかわらず、胸先に髭が届くぐらいまで激しく泣き続けたらしい・・・。
それってかなり長いこと泣いてるよねぇ。胸先に至るまでって、泣き続けた長さじゃなくっても大人になってもずっと泣いてたって言うことなのかな?
それに、その泣き方たるや、「青山は枯山のごとく泣き枯らし、河海は悉く泣き乾しき」って言うんだから半端じゃない泣き方(^^ゞ
その上、泣いている事によって、田植えの頃の蠅のように全ての物に災いが起こったって言うのですから・・・(-_-;)

父親であるイザナギの命が、そのいい歳をして泣き続ける息子に向かって「何故泣いているのか?」と尋ねれば、スサノオは「私は母の国根の堅州国(ネノカタスクニ)に行きたいと思う」と言ってまた泣いた(T_T)
ここで、イザナギの大御神は、いたくお怒りになって「それならば汝はこの国に住むな!」と言いのこして死んでしまったらしい。
岩波文庫、倉野憲司先生の校注による「古事記」の本文では「すなわち神逐(カムヤ)らいに逐らひましき。故、その伊邪那岐大神は、淡海の多賀に坐すなり」と書いてあります。
いい大人になった息子のふがいなさに激怒した結果、脳溢血か何かだったのでしょうかね(-∧-)
その後、お葬式の記述もなく、そのまま天照大神と速須佐之男の段。
スサノオは父親に思いっきり叱られて、姉である天照大神に事情を話してから母の国へ行こうと思ったらしく、天に昇っていったようです。
それで、この章は「速須佐之男の昇天」。でも、今使われている意味での昇天ではないと思うのですが・・・(^_^;)
その、スサノオが天に昇ってくるときに、「山川悉く動み、国土皆揺りき」って言うのですから、凄い!大地震と言った感じですよね。
それで姉神のアマテラスは驚いて「あの弟がやってくる理由は、絶対善い心では無いはずだ!私の国を奪いに来るに決まってる!」と言って、まず結っていた髪を下ろして、男性風にみずら(神話に良く出てくる、耳のところで八の字にくるっと巻き上げたヘアースタイルです)に巻き、左右のみずらと髷、左右の手に各々八尺の勾玉の五百箇の御統の珠(やさかのまがたまのいほつのみすまるのたま)を巻き付けた。
その後、背中には千本もの矢のはいる入れ物、脇にも五百の矢がはいる入れ物を付け、弓を射る道具一式付けて、固い地面に股まで踏み入れ、淡雪を蹴散らして雄叫びを上げて待ってた・・・(>_<)
1500本もの矢を用意して雄叫びを上げているというのは判るのですが、頭の3カ所と両腕に沢山の勾玉を紐に通したものを巻いているというのが不思議。
権力を誇示すると言う意味もあったのでしょうが、勾玉の呪力を期待してそこまで頭と腕を飾ったのか?

これは怖いですよ~。女性がここまで武装して、四股を踏んで待ってたって絵をイメージすると。
だいたい、ここで書かれているスサノオって、髭が八束って言うぐらいだからセンチメートルに直したら約80cm。まぁそれは神話特有のオーバーな表現として長く胸先まで届くぐらいになるまで、
母親を慕って泣き続けたという根性無しのマザコン(^^ゞ
それが、もう一人愛するお姉さま(シスターコンプレックスも有り?)に喜び勇んで会いに来たら、仁王か弁慶のような姿でお姉さまが待ちかまえていた訳です。
そして「何しに来た!!」と怒鳴られてしまってもうタジタジ。
「僕、なんもやらしいこと考えてへんし~。ただ、下の方でお母ちゃんの国に行きたいっ言うて泣いてたらぁ、お父ちゃんがやってきて、怒ってぇ、お前なんか出ていけ!って・・・。それでそのままお父ちゃん死んでしもうたし・・・それを言いに来たんよぉ」って大阪弁に直すとこんな感じでしょうか。
その情けなさを見てアマテラスもちょっと「ヤバッ!こんな奴をここまで武装して待ってて、引っ込みつかへんがな」と心の中で思ったかどうかは判らないけど・・・(^^ゞ
取り敢えず「そんなら、アンタがここに攻めてきたんとちゃうって、どないして証明する!」って言ってしまった(>_<)
そこで、このマザコンシスコンの弟は・・・「ほな子供を生んで占おう!」って。

う~ん、どうも良く判らん!!何故、子供を生んで占えるのか?
その上、二人は姉弟。だいたい、本当の姉弟だったら、弟が遠くからやって来るのを知って、それを武装して待つはずがないし。
だいたい普通なら、お座布団を用意して、ご馳走か、まぁあんまり好きじゃない弟でもお茶とお菓子ぐらいは出してあげようと思うよねぇ。
それで、読めば読むほど、ここまでは、大阪弁に訳したくなるようなスサノオに情けなさを感じさせるように書いてある。
でも、スサノオってこの後出雲の英雄として語られる人物なんだよ!
なにか、意図して情けなく描いてるよねぇ。
それで、姉弟で子作り?
もし、もしもだよ、スサノオが敵対する部族の長で、合併しようと言いに来たんだったら判るよね。
大地が揺れるほどの軍勢でやってきて、それをアマテラスは武装して待ちかまえる。
それで、話を聞いてみたら自分の国を乗っ取るんじゃなくて、友好関係を結ぼうという話だった。
上手いこと長同士が男女だし、結婚して合併。それで生まれた子供をお互いの国の長にすれば、二つの国は兄弟国になる。
だから、この後の誓約(うけい)の段でおかしな事になってるのかも・・・。
それはまた次の機会に!!

古事記では、ここに出て来る「八尺の勾玉の五百箇の御統の珠」と言うのが勾玉と言う名前で登場する最初です。
でも、ここでもみすまるの珠は「珠」の字なんですよねぇ。
御倉板擧之神(みくらだなの神)もやっぱり勾玉だったのかなぁ?

スサノオが攻め上ってきたとき、アマテラスがそれだけ沢山の勾玉で武装したって言うのもなんだか空恐ろしい感じがしますね。
勾玉の何処にどんな力が在るのでしょう?
神話の時代の人は、それを知っていたのでしょうね(^_-)
neko

古事記の中の勾玉その1

P8210024s.jpg

<写真は沼島のおのごろ神社にある神像です>

古事記ではこの国の最初に在ったのは、別天つ神五柱。
その次は神世七代。その後イザナギの命とイザナミの命による、国土の修理固成から始まって、二神の結婚、大八島国の生成。その後神々の生成、火神被殺、黄泉の国、禊祓と神々の化生と続き、三貴神の分治になります。

お話としたら、まず五柱の神様によって天地が別れ、七代の神様で天が作り固められ、その後イザナギとイザナミによって地を作り、それを統治する神々を産んだ訳です。
そして、イザナミが火の神様を産んだことにより、大切なところを火傷してのたうち回って死んでしまったわけですね。
それを悲しんだ夫であるイザナギが黄泉(ヨミ)の国まで追いかけていって、「見てはならない」と戒められたイザナミの死体を見ちゃったわけです(^_^;)
腐った自分の死体を見られて恥じたイザナミは烈火のごとく怒り、ヨモツシコメ軍団と一緒にイザナミを追いかけた!
黄泉の国の入り口(出口?)までいろんな呪術を使いながらイザナギは逃げおおせ、最後に別れの言葉を交わしたんです。
それがまたちょっと怖い!!
「愛しき我が汝夫の命、かく為せば、汝の国の人草、一日に千頭絞り殺さむ」と妻イザナミが言ったわけです。
それに対してイザナギは「愛しき我が汝妹の命、汝然為ば、吾一日に千五百の産屋を立てむ」と返した。
だいたい、大喧嘩している二人が、相手のことを「愛しき我が・・・」って言うのって怖くないですか?
その上、言い合っている事が、妻の方は「あなたの国の人間を一日に1000人絞め殺します」それに対して夫は「だったら一日に1500人生まれるようにしよう」なんですよ!
なんか、壮大な夫婦喧嘩ですよね。
まぁ、ここまでは本題の勾玉が出てこないので、さらっと流すつもりだったのですが、ちょっとこの夫婦喧嘩が気になったもので・・・(^^;ゞポリポリ
それで、取り敢えず綺麗に離婚出来た(?)イザナギは、黄泉の国なんて言うむっちゃ汚れたところへ行ってきたから、筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原(ツクシノヒムカノタチバナノオドノアワギハラ)って言うところで禊ぎしたんだって。
でも、これって変なんだよね。
だって、その汚れたところって出雲の国の伊賦夜坂(イフヤザカ)。なのに筑紫って北九州?
それとも、日向って南九州?
まぁ、神話のことなので深く考えないようにして(^^;ゞポリポリ

まず、その禊ぎの時、一番始めに杖を投げ捨てて、そこに衝立船戸(ツキタツフナドノ)神と言う神様が産まれています。
杖から産まれた神様の名前に船がついているんだったら、やっぱり出雲から船で九州まで帰ってきたんでしょうか。
その次は帯を解いて投げ捨てて道之長乳歯(ミチノナガチハノ)神。
持っていた嚢を投げ捨てたら時量師(トキハカシノ)神。
着ていた物を脱ぎ捨てたら和豆良比能宇斯能(ワズライノウシノ)神。
褌を投げ捨てて道俣(チマタノ)神。
冠を投げ捨てて飽咋之宇斯能(アキグイノウシノ)神。
左手に付けていた貝のブレスレットを投げ捨てて奥疎(オキサカルノ)神と奥津那藝佐毘古(オキツナギサビコノ)神と奥津甲斐辨羅(オキツカイベラノ)神。
右手に付けていた貝のブレスレットを投げ捨てて邊疎(ヘザカルノ)神と邊津那藝佐毘古(ヘツナギサビコノ)神と邊津甲斐辨羅(ヘツカイベラノ)神。

まぁ、その後祓い清めのための沢山の神様をお生みになられます。

杖を捨てて、帯を解いて、嚢を捨てて、着ていたものを捨てて、褌も脱いで・・・その後冠って・・・ちょっと変!!
だって素っ裸で冠だけ被ってる姿って(^^;ゞポリポリ
でも、きっと昔の高貴な人は、冠をとる方が褌を脱ぐより恥ずかしかったんだろうね(^_-)
その後左右の手から貝で出来たブレスレットを外してるんだ。
それで3柱づつの神が産まれているって言うことは、3本セットのブレス?
結構おしゃれかも♪

そして禊ぎの最後に左の目を洗ったときにお生まれになったのが、天照大神(アマテラスオオミカミ)。
右目を洗ったときにお生まれになったのが、月読命(ツクヨミノミコト)。
鼻を洗ったときにお生まれになったのが、建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)。

この三貴神を産んで、イザナギの命は大層お喜びになられたそうです。
それで、「御頸珠(ミクビタマ)の玉の緒(ヲ)もゆらに取りゆらかして・・・」って書いてあるんだけど、多分、御霊振りの呪術!
天照大神にその珠を渡して、「高天の原を治めよ」と言ったんだって。
で、その珠にも名前が付いてて御倉板擧之神(ミクラタナノカミ)って言うらしい。
後の二人は月読には夜の食国(ヲス)を、スサノオには海原を治めよって言っただけで何もあげなかったみたい。
一番上の子供って得?

この御倉板擧之神って言うのがもし勾玉だったら、古事記に出てくる一番はじめなんだけどね。
ただ、気になるのは、石で出来たものは「玉」。
「珠」の字を使うときには大抵真珠のこと。
でも、「玉の緒」でゆらゆらさせるって今も石上神宮に残って居る呪術で、勾玉を使うものだからもしかしてと思って(^_-)
neko

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。