まがたま研究会

勾玉の歴史からお土産物まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勾玉の歴史ⅩⅤ

勾玉に代表されるひすい

日本国内で発見されるひすいの勾玉や大珠などは、江戸時代から知られていたそうです。
現代ではこれらのひすいは新潟県の糸魚川や青海地域のものであると分かっていますが、昭和初期までは大陸から渡来したものと考えられていました。と言うのも、日本国内ではひすいがないと考えられていたからです。1939年6月糸魚川病院に勤務していた小林総一郎院長が糸魚川小滝で緑色の石を義兄である東北大学の河野先生に鑑定を依頼し、ひすいであることが判明し、1939年の岩石砿物砿床学という学術雑誌に掲載されました。
ところが当時、戦争の為ひすい発見のニュースはほとんど注目されませんでした。
第一発見者というと地元ではひすいと知らず、古くからつけもの石にしていた例もあり、さまざまな説があります。
この発見以来、日本の考古学は勾玉や大珠は日本独自のものであるとされるようになりました。
ひすいの成分は、ナトリュウム、アルミニュウム、ケイソ、酸素の4種が主で、緑色のものはクロム、青紫色はチタンを含むもので、硬さは硬度、6~7(水晶で7)とそれほど硬くはないのですが、割れにくさでは、岩石の中ではトップクラスです。加工するのも他の石よりはるかに時間がかかります。その硬いひすいの生い立ちは約3億5千年前、地下20Km~30Kmでできたと考えられます。
ひすいができるには300度から400度の低温と高い圧力が必要なのです。長い年月をかけ、今目にすることができるのです。

ひすい漢字で書くと翡翠となり、これはカワセミと言う鳥の雄と雌をそれぞれ表しています。翡は橙、翠は緑と言う意味がありカワセミの羽根の色に似ていることから中国で翡翠と呼ばれるようになったそうです。ひすいは緑色と思いがちですが、外国で採れるひすいには橙色もあり、その名がつけられたのでしょう。
naoki
 
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

こんにちは!またきます。

  • 2008/11/21(金) 12:53:47 |
  • URL |
  • sachi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://magatamaken.blog7.fc2.com/tb.php/48-efd161b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。