まがたま研究会

勾玉の歴史からお土産物まで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まがたま研究会について

まがたま研究会へようこそ!

本会では勾玉に関するあらゆる事を研究対象にしています。
神社伝承、古代の勾玉について、現代のパワーストーンとしての勾玉など、勾玉に関わること全般、アクセサリーとして、呪具としてのまがたまの魅力を掘り下げていこうと思っています。


スポンサーサイト

まが研フィールドワーク

ご無沙汰していますm(_ _)m

「どうやって入るんだったっけ?」なんて事でまずオロオロ。

入ってみたら随分入力ページが変わっててびっくり( '_';)

もっとまじめにやらなきゃ~m(_ _)m

で、8月7日~8日とまが研フィールドワークで、出雲へ行って来ました♪

目的は、60年に一度の遷宮による出雲大社特別拝観!!

上手く8日の予約が取れたので、7日から1泊。

此処大阪ではまだまだ真夏でアブラゼミが鳴いていましたが、出雲ではもうカナカナとヒグラシの声。

やっぱり自然の中では、ちゃんと季節が進んでるんですね~。

初日は、そのヒグラシの声を聞きながら、荒神谷遺跡と加茂岩倉遺跡に行って来ました。

荒神谷遺跡では、二千年蓮の花が綺麗に咲いていましたよ~♪
荒神谷蓮
荒神谷



日傘を差しながら、発掘現場まで行き、帰りに博物館で涼みながら、地形模型を見ながらまが研得意の推理大会!!

この地形だったら、此処に神社で・・・なんて感じですね~(^_-)

加茂岩倉遺跡の方は、発掘現場をプラスティックで再現(^_^;)

あれはちょっと興ざめでありましたf^_^;
加茂岩倉遺跡


でも、あの場所はまさしく龍穴になってる感じで、上向きの「気」が立ち上って、陰陽の場所が揃ってました。

出雲へ着いたときにはピンカンのお天気だったのですが、やっぱり八雲がモクモクと出てきて遠雷がなりはじめ、出雲らしさを演出!!

なかなか出雲の神様やってくれます~♪

今回、念願の神原神社にも行くことが出来、再現された古墳もしっかりと見てきました(☆,☆)
神原古墳


翌8日は、朝から出雲古代歴史博物館で、再現された発掘品の劔の美しさにうっとり惚れ惚れ!
博物館


錆びた現物より、当時のままに再現された劔は見応えがありました~♪

もちろん、まがたま研究会としては、命主神社から出た硬玉の美しい勾玉にもうっとり(☆,☆)

各学者による、往古の出雲大社再現模型もなかなか興味深かった!!

お昼からは、今回のハイライト出雲大社特別参拝(^∧^)

予約していたものの1時間ほど境内のテントの中で待って、やっと瑞垣内に入れました!!

なんとも美しい「場」。

ご本殿から見渡した完璧に清まった風景は、一生目の奥に焼き付いて離れないことでしょう!

八雲の図も、思ったより色鮮やか。

拝観券に印刷されたものとは比べものにならないぐらいの迫力でした~♪
八雲拝観券


見えない所にある神祀りの場に思いを馳せながら、後ろ髪を引かれる思いで降りてきたのであります。

もう一度見たい!! でも60年後・・・絶対に無理・・・

と言う事は、来世に望みをかけますか(^_-)

その後、熊野大社に回ってから帰阪。
熊野大社


楽しかった~♪


そう言えば、出雲へ行く前には、天河神社の日輪大弁財天の特別ご開帳にもまが研で行きました。

でも・・・出雲とはやっぱり質が違う!!

出雲は、本当に素敵な場所です~♪


maat
このミスマルは、出雲大社へ行くために新調したもの!
ラピスの勾玉は、原石からKIRIさんが彫ったもの。
名前はマート♪
エジプトの神様の名前です!!

                  neko




随分ご無沙汰してしまいましたm(_ _)m

なんだか、ドタバタしていまして、こちらの更新がすっかり忘れられてしまった・・・

2007年10月の神在祭神迎えに会員4名で行ったのですが、そのご報告もしてないし・・・

それも遠い昔の記憶で、もう忘れてしまっているって(..;)""> ポリポリ

取り敢えず、神迎えは、本当に神秘的な儀式でした!

ただ、翌日に予定していた大社の前にある博物館が休館で、拝観できなかったことが心残り。

是非、今年度、博物館のみのためのフィールドワークをやってみようと思っています。

で、何故此処を思い出して書いているのかというと・・・

今朝のサンケイ新聞に、面白い記事が載っていたから!

前代未聞のX形勾玉が発見されたそうです。

その時代、途方もない労力を使って創り出した勾玉が、男女の愛の印に使われたりはしないですよね~f^_^;

多分、同じ様な意味合いだとしたら、部族の和合か・・・

でも、背中合わせって言うのもちょっと違うような気もするし。

呪術的なものか、ただ斬新なデザイン性を求めたのか、謎です(^_-)

ネットでも見られます(*^_^*)

neko

http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080404/acd0804040009000-n1.htm

☆勾玉とレイキで宇宙を知る☆

大変長い間更新していませんでしたm(_ _)m

まがたま研究会、最近の活動としましては、タイトルの「勾玉とレイキで宇宙を知る」と言うお話会を先週開催しました。

まが研会長の勾玉の話と、まが研会員のねこときりぎりすによるレイキ(日本発祥のハンドヒーリング)の話のコラボ。

勾玉を研究することで辿り着く境地と、レイキの道で辿り着く境地・・・

どちらもが、「勾玉もレイキも、宇宙の根元である」と言う根本に辿り着くと言うことで、興味深いお話会になりました。

「???」になったあなた!!

面白い話を聞き逃しましたね~(爆)

ご参加下さった方々には、特典(?)として一年間の会員証をお渡ししましたので、是非月2回の定例会議にも、ご参加下さい。

勾玉からみる「世界」とか「宇宙」とか「歴史」のお話を、あーでも無いこーでも無いと、研究しています!

これから、まが研主催のフィールドワークや、今回のようなお話会なども企画していく予定です。



本日の画像は、リビアングラスで作られた勾玉。

リビアングラスとは、エジプトのリビア砂漠に、隕石が落ちたときに地球上の何かが変化したものと考えられている石です。

ピラミッドから、この石で造られたスカラベが出土しているとか・・・。

古代から、力のある物として扱われてきた神聖なる物なのでしょう!

エジプトと、日本の出会いであり、宇宙と、地球の出会いを象徴する勾玉です。
リビアングラス勾玉

キリギリスの勾玉・・・その後

丁字頭勾玉


随分此処をほったらかしててごめんなさい。

なんだかバタバタしているうちに、年は変わり・・・新年のご挨拶もないままもう春~♪

昨年秋頃、まがたま研究会では、チーム励風と言う二人芝居の人が演じる神話劇にはまり、DVDの上映会をしたり、何とか自分達でも呼べないかと会議を重ねたりしております。

彼らに、勾玉のお話を書いて貰って、演じて貰えたらな~・・・。

新しい夢が拡がっております。

がぁ・・・

今のまが研・・・全くの貧民集団(‥ゞ

この夢が叶うのは、まだまだ先になりそうです。


その後、会長のところに、テレビCMで使うヒミコの勾玉を作って下さいとの依頼があり、なんとか作り上げました。

でも、その勾玉・・・0.5秒も映ってな~いY(>_<、)Y

まぁ、そんなことも在るか・・・。

ちなみに「しゃかぽん」の卑弥呼編です。

そして、その後続いて、春分の日に出雲の島根原発を出発し、夏至の日に青森六ヶ所村まで「ウォーク9」憲法9条を守るためにウォークする人達のために、ミスマルを作成させていただきました。

そして、その前夜祭で唄う歌手「halko」さんのためのミスマルも作らせていただきましたヽ(^,^)丿
どうしても沖縄の力が必要なので、此処でずっと工程を紹介していたキリギリスの勾玉を、沖縄の神人さん達が着けている丁字頭に形を整え直して真ん中にぶら下げています。

neko

halkoさんのミスマル

純金の勾玉!

福岡県太宰府の九州国立博物館の「海の神々」-捧げられた宝物-展で沖縄セーファーウタキから出た純金の勾玉が展示されている・・・らしい(^^;ゞポリポリ

実は、私が見に行ったわけではなく、母が見てきて教えてくれたのです(^,^;)

下記のURLで下の方まで降ろしていくと、その画像があります(^_^)v

http://www.kyuhaku.com/pr/exhibition/exhibition_s05.html

凄~く綺麗ですよ~(☆,☆)

neko

此処まで派手で・・・

出雲伝承館展示品


8月26日に出雲へ行ったときに見つけた、何とも派手な勾玉の使い方!!

まがたまの里「伝承館」の展示品です。

古代丹後王朝のものだと書いてあったような気がするのですが・・・。

これは本物の石ではなく、柔らかい素材でレプリカとして作られています。

それにしても、此処まで派手な感じで付けてたんですね~。

権力の象徴か?
はたまた、霊力の誇示だったのか!

9号線の玉造温泉入り口辺りにある「伝承館」。
勾玉好き、特に古代型の出雲石に興味のある人には垂涎ものばかりです!

neko


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。